Tennis Clinic
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 10/21(水)の駒練
投稿日: 2015/10/21(Wed) 19:19:23
投稿者後藤@練習マネージャー

駒場1番コート、8−10、参加者7名(OBさん1名、2男3名、1男3名)

しばらく駒練に参加できずすみませんでした。
授業の代返のめどが立ったのでこれからは水朝の駒練も仕切らせていただきます。

◇ボレーボレー
1R2レーン4人。1R3分で1人2回

・アップとして。
・引かないボレーを体に染みつける、速い展開に慣れる。

・今日は全員初心者だったが、全員すごくうまくなってて驚いた。前よりもよく続いていた。
・浮いた球は積極的に叩いていきたい。






◇ラリー練
1R3分ハーフ

・人が少なかったので2男と1男でラリー
・ミスを少なくする

・特に駒場コートだとバウンドが不規則で難しい。球はそこまで速くなかったはずなので、インパクトまでボールを見る意識で。





◇ボレスト
1R2分半ハーフ

・ダブルスのラリー練
・繋げる意識をつける

・台側は、浅い球をとろうとする意識がよく見られた。浅い球に対しては繋げるか攻めるかの判断を迅速にしたい。
・ボレー側になるとボールへの反応や動きが全体的に遅くなる傾向が見られた。打った後は次のショット(ロブ)に備えてすぐ構える。





◇ペアボ
11ポイント先取、ボレー側は6ポイントでサイドチェンジ

・前並行vs後並行の動きを練習する
・負けたらコート整備

・1男と2男でペアを組んだが、結果は本来有利であるはずのボレー側になったほうが全敗。
・前並行を敷いてポイントをとるのが基本。後並行からスタートした場合は、相手の頭上をロブで抜いて自分達が前並行を敷くことを意識する。
・前並行のオーソドックスな出口は、
@深いボレーを打って相手にロブを上げさせ、スマで決める
A前に落とす
B前の前がポーチで決める
のいづれかです(他にもあったらぜひ教えてください)。ペアにもよりますが、自分の得意なパターンを作っていきましょう。
・特に1男ですが、ストローク側は、最初のゆるい球出しの球を強く打つのはやめましょう。そこで自滅してる場面も多かったですが…。




◇打ち放し及びサービスリターン練
形式は外練と同じ。2ポイント2周。

・大事な大事な入り口練。

・1年戦を控えてますし、1男はサーブアンドボレーを積極的に挑戦しましょう。





今日の駒練はこんな感じでした!
なかなかに人少なかったですね。矢野も書いてましたが1年戦近いですし来れる人はぜひ駒練で練習しましょう。
1男全員のテニスに詳しいわけではないですが、少なくとも駒練によく来てる1男のテニスはほんとうまくなっていってると見てて思います。本番ではぜひ勝ってほしいですね。

メニューや技術等に関して何か意見やアドバイスがある方はぜひレスお願いします。

最近はすごくテニスしやすい気温ですね!
秋の一年戦、個人戦にむけてたくさん練習していきましょ〜


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
URL
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー