Tennis Clinic
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル おつー(>_<)
投稿日: 2015/10/30(Fri) 17:06:33
投稿者若泉宏樹

組ませてもらった身として、2試合目についてのみコメントしておきます。

> 【二試合目】
> ペア 若さん 5-4 sus
>
> フォアサイが右利きでバックサイが左利きのペアだった。どちらも軸玉は強かったが、ミスも割と早い(特にバックサイ)。あと、上がそこまで脅威ではなく、試合の中盤らへんからロブを混ぜてみたが、それが効果的だった。
>
> ☆よかった点
> ・2-4ダウンから、戦術を変えてみるなどして、勝ちsusまで持って行けたこと。しっかり集中できていた。
「戦術を変えてみる」と一言でまとめてしまうのでなく、どう変えたのかが重要です。それを忘れてしまっては今後に活かせません。
細かいことは覚えていないけど、一番変えたのはリターンです。俺は序盤、リターンから強気に攻めていこうとしたけど、ミスが多かったので、2周目から左利きサーブの時はロブに切り替えました。相手の前衛が微妙なロブを見逃してくれた上に、コンチロブの打ち込みも強烈ではなかったので、とりあえず上げておけば大丈夫という感じでした。おそらく相手がコンチロブリターンに慣れておらず、対処が適当だったのが功を奏しました。
それを見てか、矢野もロブを上げるようになり、こっちのリミスがなくなったのがブレイクにつながりました。
時折ショットのリターンを混ぜて、攻める姿勢も見せていたのはよかったと思います。その時のポイント状況も考えながらリスクを背負ってもいい場面なのかどうかを判断できるようになると、相手により脅威を与えることができるでしょう。

> ・前並行をしているとき、浮いた球に対して、足を動かしてしっかり打点に入って決めることができた。
よく動いているなと隣にいて感心しました。一瞬動くのが遅れたかなと思うこともありましたが、うまく対処していたので、何かが乗り移っていると思いました。

> ・夏ごろからよくなってきたスマ・カットを実際の試合中にしっかり打って、決めていくことができた。
チャンボをしっかり決めきれていたのが後半のサービスキープにつながりました。
あと、ストレートロブを割と取ってくれたのが個人的にはありがたかったです。カットのクオリティーはそこまで高いわけではなかったけど、個人的にはあれで十分でした。逆にあれを見逃されるとチェンジしないといけなくなって、陣形が崩れるので、ストレートロブに対する守備範囲も評価したいと思います。


> ☆反省点
> ・フォアサイ右利き・バックサイ左利きということなので、サービスはセンターに打って相手のバックで取らせるのが良かったが、コースを狙う技術が不十分で、特にバックサイへのサーブがボディよりのワイドに行ってしまうことがあり、フォアで打ち込まれてしまい、その返球をミスするというのが複数回あった。サービスの強化は引き続き課題だなあと感じた。球種も考えていきたいと思った。
サーブの威力は気にならなかったけど、確かにコースはアバウトだと思いました。
威力はとりあえず今のままでいいので、センターとワイドの出し入れはできるようにしておいてほしいです。具体的な練習法は今度直接聞いて下さい。
ファーストボレーは前衛にかけずによくできていたと思うよ。

> ・リターン。バックのリターンが弱い。しっかり足を動かして打点に入る・B
サーブを打たれてからリターンするまでの時間は短いので、「しっかり」足を動かすのは難しいと思います。
足の動きを意識するよりは、相手がサーブを打った瞬間にフォアバックを判断し、準備を早くすることに意識を向けた方がいいと思います。


> 個人的にとても楽しい試合で、最後までやりたかったな〜と思ってやみません。
>
>
> 以上です。円陣の反省は……自分でしておきます(笑)。
みんなの前で何かを食べたり飲んだりするのはもう飽きました(笑)
新しい道を開拓して下さい。

> 何かアドバイス等ある人はよろしくお願いします。
次世代のピラータを背負うのはあなたです。頑張って下さい。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
URL
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー