Tennis Clinic
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 11/4(水)の駒練
投稿日: 2015/11/09(Mon) 13:14:05
投稿者後藤@練習マネージャー

駒場1番コート、8−10、参加者8名(2男3名、1男5名)

更新が遅れて申し訳ありません。

◇ボレーボレー
1R3レーン6人。1R3分で1人2回。


・アップとして。
・引かないボレーを体に染みつける、速い展開に慣れる。






◇ラリー練
3分ハーフ。1男と2男でラリー。


・球出し練だと時間を取りすぎるのと、人が少なかったので。


・つなげようと意識している1男が多く、いいラリーだった。ただしスピードを落としている分、スピンをかけて跳ねさせるなり、深いところを狙うなりしないとただの棒球と変わらない。速度はなくても、相手が思うように打てないようなつなぎ球を持ちたい。
・反面だとやりやすいので、アプローチ→ボレーの流れを練習しましょう。





◇ボレー練
15球3周。1周目はフォア、2周目はバック、3周目はフォアバック交互。


・フォームの確認。


・フォアボレーで左手(右利きの場合)が死んでる人が多い。肩を閉じるには最低限左手を体の前に持ってきたい。あと打つ時に両手が近いと力が出やすいらしいです。
・バックボレーは逆に右手を背中方向に持っていくとボールに力を伝えやすい。






◇カット&スマ球出し
12球2周。1周目はカット、2周目はスマッシュで、全てクロスに。

・カットは8割は入れる。


・カットもラリー練と同じく、入ってはいるものの完全に浮き球な人が多い。もちろん入れることが第一なのでまずはそこからだが、もう少しボールを押し出して行ってほしい。
・特にスマですが球出しの人に当てないようにコントロールをつけましょう。





◇ボレスト
2分ハーフ。ボレーと台1回ずつ。

・今日の練習のまとめとして。


・返すだけで精一杯の人もいると思いますが、相手の球が浮いてきている時にはボレー側は長短を調節したりコースを狙ったりして台を揺さぶりましょう。
・ストローク側は基本的にボレー側の足元を狙って打つ。取られてもいいのでロブを混ぜてボレーのポジションを下げさせ、足元を狙いやすくする。
・前ポテを拾えるか拾えないかは実戦で大きく影響します。台側は常に警戒しておく意識で。





今日の駒練はこんな感じでした!
途中コートの修繕調査が入りましたが、一応事前に連絡があったみたいですね。こちら側に連絡ミスがあってすみません。
下男だけの駒練が続きましたが、初心者を中心に真剣に練習してる人はうまくなってきてますので集中を切らさずがんばっていきましょう。


メニューや技術等に関して何か意見やアドバイスがある方はぜひレスお願いします。

それでは次回の駒練もよろしくお願いします!


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
URL
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー